出版案内

書籍リスト
保健医療ソーシャルワーク実習
■ 本のタイトル 保健医療ソーシャルワーク実習
■ 著者・著作団体 (社)日本医療社会事業協会 監修 福山和女責任編集
■ 出版社 川島書店

医療現場におけるソーシャルワーカーの人材養成のために日本医療社会事業協会が実習指導者のための参考マニュアルとして出版したもの。副題~実習生とスーパーバイザーのための基礎~

目次
第Ⅰ部 理論篇
  第1章 医療ソーシャルワーク実習の意義
    1.医療現場実習に基づく教育効果
    2.実習の必要性
    3.実習体制
    4.実習評価
    5.実習教育についての諸課題
      1)実習製についてのあいまいな定義づけ
      2)医療現場のソーシャルワーク部門と教育現場との相互依存関係の不在
    6.医療現場のソーシャルワーク部門での実習生の態度

第Ⅱ部 実際篇
  Ⅰ 実習プログラム
  Ⅰ-1 見学依頼
  Ⅱ 実習体制づくり
  Ⅱ-1 実習事前教育
  Ⅱ-2 ニーズ把握
  Ⅱ-3 見学に対する実習生の訓練
  Ⅲ 見学契約
  Ⅲ-1 見学実施
  Ⅲ-2 実習生のニーズ把握
  Ⅳ 実習計画案
  Ⅴ 実習契約
  Ⅴ-1 実習に向けての訓練
  Ⅵ スーパーバイザー会議(Ⅰ)
  Ⅶ 実習実施
  Ⅷ 実習指導
    開始期
    中期
    終結期
  Ⅸ スーパーバイザー会議
  Ⅹ 実習評価

第Ⅲ部 事例篇
  1 ホームレスに対する経済的問題への援助
  2 虐待問題をかかえる家族への援助―地域ネットワーク-
  3 虐待されている児童とその家族への援助
  4 安定した病態の天寿がん患者への援助
  5 難病患者への援助-ケア会議をとおして見る地域連帯
  6 中途障害を負ったクライエントへの援助
  7 老人保健施設利用者への援助
  8 精神疾患をかかえて出産する患者とその家族への援助
  9 救命救急センターにおける事例-心理的危機状態にある家族への支援
  10 高齢者の在宅療養生活を支える援助
  11 小児の難病患者と家族への援助
  12 終末期がん患者への援助
  13 療養方法を自ら選択できない家族への援助

書籍リスト