医療ソーシャルワーカーとは

医療ソーシャルワーカーとは

保健医療機関において、社会福祉の立場から患者さんやその家族の方々の抱える経済的・心理的・社会的問題の解決、調整を援助し、社会復帰の促進を図る業務を行います。

具体的には、
  1. 1. 療養中の心理的・社会的問題の解決、調整援助
  2. 2. 退院援助
  3. 3. 社会復帰援助
  4. 4. 受診・受療援助
  5. 5. 経済的問題の解決、調整援助
  6. 6. 地域活動
を行っています。
〔厚労省『医療ソーシャルワーカー業務指針』より〕

会員の多くは社会福祉系大学等の専門教育を修了した後、病院等で上記の業務に従事しており(社会福祉系大学・大学院卒が、2010年4月現在83%)、近年は社会福祉士・精神保健福祉士等の国家資格取得者も増えています。また、医療と福祉の連携強化が求められている状況の中で、病院・保健所のみならず老人保健施設や在宅介護支援センターなどにも活躍の場が広がっています。


医療ソーシャルワーカーの紹介

イラスト:医療ソーシャルワーカーの紹介

[ 医療ソーシャルワーカーの紹介(PDFファイル) ]
    ※右クリックで「対象をファイルに保存」でダウンロードできます。

社会福祉士資格取得状況

92年 8%、95年 15%、01年 37%、04年 54%、09年 77%、10年 81%、
13年 86%、15年 91%