ソーシャルワーク定義

定義

ソーシャルワーク専門職は、人間の福利(ウェルビーイング)の増進を目指して、社会の変革を進め、人間関係における問題解決を図り、人びとのエンパワーメントと解放を促していく。
ソーシャルワークは、人間の行動と社会システムに関する理論を利用して、人びとがその環境と相互に影響し合う接点に介入する。
人権と社会正義の原理は、ソーシャルワークの拠り所とする基盤である。

解説

様ざまな形態をもって行われるソーシャルワークは、人びととその環境の間の多様で複雑な相互作用に働きかける。 その使命は、すべての人びとが、彼らのもつ可能性を十分に発展させ、その生活を豊かなものにし、かつ、機能不全を防ぐことができるようにすることである。 専門職としてのソーシャルワークが焦点を置くのは、問題解決と変革である。 従ってこの意味で、ソーシャルワーカーは、社会においての、かつ、ソーシャルワーカーが支援する個人、家族、コミュニティの人びとの生活にとっての、変革をもたらす仲介者である。 ソーシャルワークは、価値、理論、および実践が相互に関連しあうシステムである。

価値

ソーシャルワークは、人道主義と民主主義の理想から生まれ育ってきたのであって、 その職業上の価値は、すべての人間が平等であること、 価値ある存在であること、そして、尊厳を有していることを認めて、 これを尊重することに基盤を置いている。 ソーシャルワーク実践は、1世紀余り前のその起源以来、人間のニーズを充足し、人間の潜在能力を開発することに焦点を置いてきた。 人権と社会正義は、ソーシャルワークの活動に対し、これを動機づけ、正当化する根拠を与える。 ソーシャルワーク専門職は、不利益を被っている人びとと連帯して、貧困を軽減することに努め、 また、傷つきやすく抑圧されている人びとを解放して社会的包含(ソーシャル・インクルージョン)を促進するよう努力する。 ソーシャルワークの諸価値は、この専門職の、各国別並びに国際的な倫理綱領として具体的に表現されている。

理論

ソーシャルワークは、ソーシャルワークの文脈でとらえて意味のある、地方の土着の知識を含む、 調査研究と実践評価から導かれた実証に基づく知識体系に、その方法論の基礎を置く。 ソーシャルワークは、人間と環境の間の相互作用の複雑さを認識しており、 また、人びとの能力は、その相互作用が人びとに働きかける様ざまな力―それには、生体・心理社会的要因が含まれる―によって影響を受けながらも、 同時にその力を変えることができることを認識している。 ソーシャルワーク専門職は、複雑な状況を分析し、 かつ、個人、組織、社会、さらに文化の変革を促すために、人間の発達と行動、および社会システムに関する理論を活用する。

実践

ソーシャルワークは、社会に存在する障壁、不平等および不公正に働きかけて取り組む。 そして、日常の個人的問題や社会的問題だけでなく、危機と緊急事態にも対応する。 ソーシャルワークは、人と環境についての全体論的なとらえ方に焦点を合わせた様ざまな技能、技術、および活動を利用する。 ソーシャルワークによる介入の範囲は、主として個人に焦点を置いた心理社会的プロセスから社会政策、社会計画および社会開発への参画にまで及ぶ。 この中には、人びとがコミュニティの中でサービスや社会資源を利用できるように援助する努力だけでなく、 カウンセリング、臨床ソーシャルワーク、グループワーク、社会教育ワークおよび家族への援助や家族療法までも含まれる。 ソーシャルワークの介入には、さらに、 施設機関の運営、コミュニティ・オーガニゼーション、社会政策および経済開発に影響を及ぼす社会的・政治的活動に携わることも含まれる。 ソーシャルワークのこの全体論的な視点は、普遍的なものであるが、 ソーシャルワーク実践での優先順位は、文化的、歴史的、および社会経済的条件の違いにより、国や時代によって異なってくるであろう。

注)
ソーシャルワーク専門職のこの国際的な定義は、1982年に採択されたIFSW定義に代わるものである。 21世紀のソーシャルワークは、動的で発展的であり、従って、どんな定義によっても、余すところなくすべてを言いつくすことはできないといってよいであろう。