よくあるご質問

皆さまから寄せられた、よくある質問やご意見をご紹介し、その疑問や質問にお答えしています。まずは、こちらをご確認ください。

医療ソーシャルワーカーについてのご質問

医療ソーシャルワーカーになりたいのですが、どういう勉強をしたらいいのですか?

ソーシャルワーカーは、社会福祉の専門家です。大学で社会福祉を学ぶことが必要です。
詳細は「(社)日本社会福祉士養成校協会」の学校一覧をご覧下さい。
医療ソーシャルワーカーになるのに、資格等は必要ですか?

資格がなければ働けない、ということはありません。但し、ほとんどの病院で社会福祉士を、精神科病院では精神保健福祉士を持っていることを採用条件にしているというのが現実です。
社会福祉士・精神保健福祉士についての詳しい情報は「(財)社会福祉振興・試験センター」をご覧下さい。
医療ソーシャルワーカーになるための就職活動はどうすればいいですか?

大学に求人情報が出されることはほとんどありません。また求人の時期についても、通常の「4年生の夏まで」ということはありません。求人の時期としては「前職者の退職に伴って補充する」場合は、6月や1月・2月に求人情報が出てくることになります。「増員で募集する」場合であっても、早くて11月、遅いと3月という 状況です。
国家試験の内容は「(財)社会福祉振興・試験センター」をご覧下さい。
医療ソーシャルワーカーについての求人情報を得ることは出来ますか?

求人情報は、ソーシャルワーカーの中で回ることが多いので、実習先のソーシャルワーカーなど関係者から情報を得ることができるようにすることが重要です。
当協会でも、「求人情報(会員以外の方はご覧頂けません。)」を掲載していますが、ほんの一部ですので、就職したい地域のソーシャルワーカーから直接情報を得ることができるようにすることだと思います。
ソーシャルワーカーのいる病院を探すことはできますか?

全国には、約1万カ所の病院がありますが、ソーシャルワーカーも約1万人いると思われます。まだまだソーシャルワーカーのいない病院も多いのが現状です。当協会には約3,000人が所属していますが、その中で情報を公開している会員の名簿を「会員マップ」として作成しました。「県別」「機能別」「名前別」など検索しやすいようにしてありますので、こちらで探してみてください。
医療ソーシャルワーカーは、実際にはどんなことをするのですか?

ソーシャルワーカーは、病気や障害を契機とするさまざまな生活上の問題の解決を援助する専門家です。具体的には 医療費や生活費などの経済的問題解決、入院や退院に伴う問題解決、在宅療養環境整備、様々な保健・医療・福祉の情報提供、福祉サービスの紹介、人間関係の問題調整などを行います。 かなり長文ですが、厚生労働省による「医療ソーシャルワーカー業務指針」を読まれるとさらに詳しいことが分かります。
ソーシャルワーカーとして研修などを受けたいのですが?

当協会では、現任者の知識・技術の向上を図るため、次のような研修を開催しています。会員向けと非会員も受講できる研修があります。開催予定は「研修情報へ」に掲載しています。時々チェックしてみてください。
病院の管理者ですが、ソーシャルワーカー部門を立ち上げたいのですが?

当協会では、「医療ソーシャルワーカーを配置するに当たっての手引き」を作成し、公開しております。また、「求人情報サービス利用規程」を作成し、求人情報をホームページ上で掲載しております。ご参考にしてください。