調査研究部

亜急性期入院医療管理料届出医療機関に対する在宅復帰支援担当者の厚生局届出職種並びに実務担当者職種の調査

 平成26年1月29日、平成26年度診療報酬改定に係る個別改訂項目で「地域包括ケア病棟入院料」の新設が示されました。これを受け、在宅復帰支援担当者の具体的職種として社会福祉士の記載を求めるため「亜急性期入院医療管理料届出医療機関に対する在宅復帰支援担当者の厚生局届出職種並びに実務担当者職種の調査」(平成26年2月5日〜2月10日)を実施し、根拠資料として厚生労働省へ2月10日に提出いたしました。
 大変急な調査でありましたが、全国医療ソーシャルワーカー協会会長会をはじめ、会員の皆様の多大なるご支援とご協力をいただき、本調査を遂行することができました。調査にご協力いただきました皆さまに深く感謝申し上げます。

[ 厚労省提出資料_全国調査_亜急性期医療機関調査(PDFファイル) ]
    ※右クリックで「対象をファイルに保存」でダウンロードできます。