研修会情報一覧
災害福祉支援活動基礎研修(2016/02/23)

災害福祉支援活動基礎研修
開催案内


◆趣旨:日本では、地震、台風や土砂災害、火山の噴火など、自然災害が多い。大規模災害が発生した際には、被災地地域での生活再建に向けた支援を行うため、発災直後から中長期的に、福祉領域全体的な外部からのサポートが必要である。本研修は、そのための「災害派遣福祉チーム」(※)の要員として、専門性の高い被災地支援を実践できる福祉人材を養成することを目的とする。
本研修では、外部からの福祉支援の原則とともに、支援の基盤が大きく変動する「発災直後」「避難所」「応急仮設住宅」「恒久住宅」の各期とそれぞれの移行期間について、そのニーズと留意すべき事項を、福祉領域の様々な専門職がともに学ぶ。
※ ソーシャルワーカー、ケアマネージャー、介護専門職、ボランティア・コーディネーター等も含めた、福祉専門職・人材による福祉領域全体的な、外部からのサポートとしての「災害派遣福祉チーム」として捉える。

◆研修名称:災害福祉支援活動基礎研修
◆主催:日本ソーシャルワーク教育団体連絡協議会(一般社団法人日本社会福祉士養成校協会、一般社団法人日本精神保健福祉士養成校協会、一般社団法人日本社会福祉教育学校連盟)、
公益社団法人日本医療社会福祉協会
◆助成:公益財団法人フランスベッド・メディカルホームケア研究・助成財団
◆協力(予定・順不同):公益社団法人日本社会福祉士会、公益社団法人日本精神保健福祉士協会、公益社団法人日本介護福祉士会、一般社団法人日本介護支援専門員協会、特定非営利活動法人日本相談支援専門員協会、公益社団法人日本介護福祉士養成施設協会、 他
◆日時:平成28年3月20日(日)10:00~17:45、3月21日(祝)9:30~16:00
(時間は予定。2日間続けて参加してください)
◆会場:桜美林大学 四谷キャンパス(東京都渋谷区千駄ヶ谷1丁目1-12)
◆対象:福祉の専門性のある職業の方(ソーシャルワーカー、ケアマネージャー、介護専門職、ボランティア・コーディネーターなど)又はそのOB、福祉系専門職(社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士、介護支援専門員、相談支援専門員など)の有資格者、福祉系専門職を養成する教員などで災害時の支援に関心のある方。被災地支援の経験は不問。
◆定員:80名
◆参加方法:日本社会福祉士養成校協会宛に、必要事項を記載し参加費の振込控えを貼付した申込書をFAX又はメール送信。参加費は、参加者名義で3月16日までに振込む(間に合わない場合は初日受付時に現金での支払い対応可)。
◆申込期限:平成28年3月16日(水)(定員になり次第締切)
◆参加費:3,000円(テキスト代込み)
◆プログラム(予定):
<3月20日> 10:00~17:45
10:00 総論
11:40 DMAT(災害派遣医療チーム)について
 昼休み 
13:40 講義 発災時と避難所生活期の支援
14:45 講義 仮設住宅入居期の支援 
15:50 講義 恒久住宅移行期の支援
16:25 事例 東日本大震災後5年間の支援 日本医療社会福祉協会
17:15 事例 関東・東北豪雨による水害への支援
17:45 終了

<2日目> 9:30~16:00
9:30 演習1
11:10 演習2 
  昼休み
13:30 演習3
15:15 まとめ
16:00 終了


開催の詳細およびお申込につきましては開催案内PDFファイルをダウンロードしてください。
開催案内PDF
 




研修会情報一覧