研修案内情報

研修一覧
災害福祉支援活動体験型研修2018【福岡会場】(2018/09/06)


災害福祉支援活動体験型研修2018【福岡会場】
開催案内



 体験型研修とは、災害支援活動に参加する福祉系専門職が災害時の福祉支援の基礎を学ぶとともに、今後の災害支援活動にも連携して活動できることを目標として1泊2日の宿泊研修として開催いたします。
 ぜひこの機会に、多くの方の受講をお願いします。

 当基礎研修は独立行政法人福祉医療機構の助成をいただいております。

【本研修のねらい】
・災害福祉支援活動基礎研修に続けて体験型研修を実施することで基礎知識をより
 理解し、被災地での被災者支援などを疑似体験することで、災害被災支援に連携
 できる福祉職のネットワークをつくる。
・他の専門職の考え方や専門性を知るとともに、普段別の分野で働いている福祉職
 との協働の体験をする。
・全国に災害支援福祉チーム人材がストックされていくことで、様々な災害におい
 て、即応かつ継続的に福祉支援を行うことができるようにする。


【プログラム】(調整中)1泊2日の宿泊研修

●1日目
   10:00-10:30 『受付』                  
   10:30-11:00 『研修目的と日程について』          
   11:00-12:00 『コミュニティービルディング(地域と災害)』

   12:00-13:30 昼食(災害時の非常食体験)・休憩  
        
   13:30-14:40 『災害“現場”をイメージ』        
   15:00-17:00 『災害ソーシャルワーク・方法と展開①』  

   17:00-18:30 部屋の環境整備と夕食・休憩

   18:30-20:30 『災害ソーシャルワーク・方法と展開②』  

  入浴・就寝


●2日目
  起床・朝食

   8:30-9:00  『受付』
   9:00-10:00 『近年の災害と保健医療体制について』   
  10:00-10:15 休憩
  10:15-12:30  『災害時の組織活動(CSCA)について』   

  12:30-13:30 昼食・休憩

  13:30-14:15 『福祉支援活動と支援者のストレスについて』 
  14:30-15:00 『アンケート・修了証・閉会』         


【開 催 日】2018年10月20日(土) 10:30 ~ 20:30
          10月21日(日)  8:30 ~ 15:00(予定)
【会  場】福岡県立社会教育総合センター
      (福岡県糟屋郡篠栗町大字金出3350-2) 
     ・JRをご利用の場合
      <所要時間> JR篠栗駅から徒歩約20分、タクシー5分
        JR博多前駅よりJR福北ゆたか線快速・直方行(7番線発)
        篠栗下車(徒歩1分 JR篠栗駅へ)
     ・西鉄バスをご利用の場合はホームページを参照のこと
     ・地図URL:
      http://www.fsg.pref.fukuoka.jp/center/access/annai.html 

【対 象 者】災害福祉支援活動基礎研修修了者または被災地支援経験者を優先
【募集人数】100名
【受 講 費】3,000円 
     (キャンセルされた場合の受講費は返金致しません。ご注意ください。)
【申込受付】2018年9月6日(木)~2018年9月30日(日)
      (応募多数の場合は災害福祉支援活動基礎研修修了者または
       被災地支援経験者を優先し選考といたします)
【申込方法】受講申込フォーム(福岡会場)に必要事項をご記入の上、
      お申込みください。

【注意事項】
・受講票は申込締め切り後に発送いたします。
・領収書は原則1名ごとに1枚とさせていただきます。
・申し込み時、食物アレルギーの有無は必ず記入してください。
 後日メールにて 食物アレルギー調査票を送付いたします。


※申込の際に記載された受講者の情報は、社会福祉専門職団体協議会(日本社会福祉士会、日本精神保健福祉士協会、日本医療社会福祉協会、日本ソーシャルワーカー協会)と日本ソーシャルワーク教育学校連盟の作成する災害福祉支援派遣候補者リストに掲載し、共有されます。なお、このリストは災害時に協力を要請するためのもので、ご事情等により必ず行かなければならないわけではありません。リストの情報は災害時の派遣とそれに関する事業以外には使用されません。

研修一覧