研修案内情報

研修一覧
2020年度身元保証人問題研修<初級編>(2021/01/18)

2020年度 身元保証人問題研修<初級編>
開催案内


 2019年6月に厚生労働省から、「身寄りがない人の入院及び医療に係る意思決定が困難な人への支援に関するガイドライン」が発出され、身寄りがない人の入院生活を保障することは医療機関全体が取り組むべき課題として改めて確認された。
 本研修では、「保証人がいないために、患者の退・転院先が制約されている等の困難が生じている状況」を保証人問題と定義し、
<初級編>MSWが保証人問題に取り組む意義やMSWに求められる視点、保証人問題の現状を理解する上で欠かせない成年後見制度や医療同意といった基本的な内容を中心に構成
<中級編>院内マニュアルと地域でのルール作りの必要性と、実際に院内マニュアルを作成するにあたっての留意点で構成
<上級編>身元保証等高齢者サポート事業の現状と課題、地域支援ネットワーク構築に向けた取り組み、「ガイドライン」作成の経緯とマクロ活動への展開を中心に、多岐にわたる内容で構成
 今年度は初級編のみの開催であり、2021年度に中級編・上級編を開催する。

【プログラム】
1.講義:DVD視聴(120分)
  第1回:オリエンテーション
  医療ソーシャルワーカーが保証人問題に取り組む意義【坪田まほ】
  第2回:保証人問題とソーシャルワーク(基礎)【野田智子】
  医療ソーシャルワーカーに求められる3つの視点(ミクロ・メゾ・マクロ)
  第3回:保証人問題と医療同意【熊田均弁護士】
  第4回: 保証人問題と成年後見制度(概要変)【池田恵利子】
  第5回: 保証人問題と成年後見制度(実践編)【宮田千賀子】

2.事後課題レポート提出

【期  間】2021年2月15日(月)~3月14日(日)
【対 象 者】現任のソーシャルワーカー。
【募集人数】450名
【受 講 費】正会員・賛助会員(個人)  8,000円(DVD代含む)
      賛助会員(団体)・非会員  16,000円(DVD代含む)
【申込受付】2021年1月18日(月)~2月12日(金)
     (先着順で定員になり次第締め切ります)
   なお、申込期間前の申込は一切お受けいたしませんので、ご了承ください。
【申込方法】受講申込フォームに必要事項をご記入の上、お申込みください。

研修一覧