研修案内情報

研修一覧
2021年度スーパーバイザー養成認定研修【第1回目】(2021/05/03)

2021年度 スーパーバイザー養成認定研修【第1回目】
開催案内


1単位

 質の高いソーシャルワーク実践のため、またソーシャルワーカー自身の成長のため、スーパービジョンが必須であることは周知のことと思います。
 これまで、当協会で実施してきたスーパービジョンに関連する研修を踏まえ、講師のご協力のもと、認定スーパービジョンシステム概念図の見直しやカリキュラムの見直しを行い、2012年より新たにスーパーバイザー養成認定研修を実施することとなりました。
 当研修は上記の通り『認定社会福祉士の認証研修』であり、また『当協会が推薦する機構の登録スーパーバイザーとなるための要件研修』となっています。
 プログラムは、以下の研修骨子を6回のセッションに分けてライブ方式(zoom等)で実施し、事前課題と各回終了後、及び全日程終了後の事後課題のレポートを提出してもらいます。その全てに参加できることを応募要件としますのでご注意下さい。
 保健医療分野のソーシャルワーカーが多数受講され、学び成長し続けるソーシャルワーカーの支えとなり、クライエントの実践に繋がることを期待しております。皆様の参加をお待ちしております。

【プログラム】(予定)
 1. ソーシャルワークにおけるスーパービジョン体制
 2. 包括的スーパービジョンモデル
 3. 組織におけるスーパービジョン体制の意義(演習)
 4. スーパービジョンの様式・形態・課題(ロールプレイ)
 5. スーパービジョンのためのリソース理論・方法・スキル(講義・演習)
 6. スーパービジョンにおける倫理的配慮
 7. スーパービジョンのトレーニングシステムの構造とダイナミクス(演習)
 8. スーパービジョンの効果的実践
 9. 各自のスーパービジョンモデルの計画
10. グループ討議・発表

【研修スケジュール】
事前課題レポート提出(提出締め切り:8月 1日(日))
1部 ライブ研修(双方向) 8月15日(日)10:00~13:40
   セッション1
   セッション2
   小レポート提出(提出締め切り:8月19日(木))
2部 ライブ研修(双方向) 8月22日(日)10:00~13:40
   セッション3
   セッション4
   小レポート提出(提出締め切り:8月29日(日))
3部 ライブ研修(双方向) 9月5日(日)10:00~13:40
   セッション5
   セッション6
   小レポート提出(提出締め切り:9月12日(日))
事後課題レポート提出(提出締め切り:9月19日(日))

【講  師】福山 和女 氏 (ルーテル学院大学 名誉教授)
      小原 眞知子 氏(日本社会事業大学)
      堀越 由紀子 氏(東海大学)

【開 催 日】2021年8月15日(日)、8月22日(日)、9月5日(日)、3日間
      いずれも 10時~13時40分
【受講要件】1)~4)のいずれか1つを満たしている者。
      1)当協会の認定医療社会福祉士登録者。
      2)実習指導者養成認定研修修了者。
      3)ソーシャルワーク スキルアップ研修 スーパービジョン研修受講者。
      4)保健医療分野の現任者で組織の承諾が得られる者。
【募集人数】25名
【受 講 費】正会員・賛助会員(個人)  15,000円 
      賛助会員(団体)・非会員  30,000円
【テキスト】ミネルヴァ書房『保健・医療・福祉専門職のための
      スーパービジョン 支援の質を高める手法の理論と実際』
      福山和女/編著 渡部律子/編著 小原眞知子/編著 浅野正嗣/
      編著 佐原まち子/編著(2018年7月1日発行)を使用。
【申込受付】2021年5月3日(月)~6月4日(金)
     (申込多数の場合は会員を優先し選考といたします)
    なお、申込期間前の申込は一切お受けいたしませんので、ご了承ください。
【申込方法】受講申込フォームに必要事項をご記入の上、お申込みください。

研修一覧