大切なお知らせ

会員の皆様へHPリニューアルにあたり、変更点がございます。上記バナーからご確認ください。

医療ソーシャルワーカーについて

保健医療機関において、社会福祉の立場から患者さんやその家族の方々の抱える経済的・心理的・社会的問題の解決、調整を援助し、社会復帰の促進を図る業務を行います。

傷病あるいは障害は、時代や洋の東西を問わず、人びとのウェルビーイングを脅かす最も大きな要因のひとつです。人びとは傷病や障害がもたらす生活の困難、精神的不安、人間関係や社会的役割の豊前に直面することになります。ソーシャルワーカーの使命は、全ての人びとが、自分がもつ可能性を十分に発展させ、その生活を豊かにし、機能不全を防ぐことができるようになることです。

医療ソーシャルワーカーは価値・原則、理論基準に基づいた優れた実践を行い、専門職として社会的役割を果たしてまいります。

協会について

日本医療ソーシャルワーカー協会は、保健医療分野で働くソーシャルワーカー(医療ソーシャルワーカー)や医療社会事業の普及・発展を支援する人々によって構成されている団体です。

1953年〔S28〕に全国組織として結成、1964年〔S39〕に社団法人、2011年〔H23〕に公益社団法人として認可されました。2003年〔H15〕には創立50周年を迎え、わが国におけるソーシャルワーカーの団体としては最も古い歴史を持っています。

医療ソーシャルワークの実践と研究をとおして、社会福祉の増進と保健・医療・福祉の連携に貢献することを目的としています。

研修関連情報

当協会は医療ソーシャルワーカーの職能団体として、現任者の教育を重視し、力を入れて研修を企画しています。

研修内容の閲覧・申込みのためには、会員サイトログインが必要です。
研修要綱は「当協会の研修」からご確認いただけます。

研修会の申込み

研修内容 申込み
第18期保健医療分野におけるソーシャルワーク専門研修(医療ソーシャルワーカー基幹研修Ⅲ) 開催日:2022年4月~2023年3月

認定医療ソーシャルワーカー

認定医療ソーシャルワーカーとは、「医療ソーシャルワーカーの業務指針に従い、倫理綱領を遵守して社会福祉士及び介護福祉士法の定める相談援助を行うもの であって、保健医療分野においての社会福祉実践に関する専門知識と技術を有し、科学的根拠に基づいた業務の遂行、及びスーパービジョンを行うことができ る能力を有することを認められた」者のことを言います。